スポンサーリンク

Soft Bankの財務諸表(2020年度第二四半期)を見てみよう!

この記事は約4分で読めます。
男性のあなた
男性のあなた

この前ソフトバンクやってなかった?もしかして早くも再投稿??

サラバト
サラバト

いえ、実はソフトバンクとソフトバンクグループという会社は別会社なんです!意外と知らない人も多いですよね~

女性のあなた
女性のあなた

どっちも会社の財務諸表を公開してるんだ~

※財務諸表という言葉わからん!という方は↓↓↓↓

サラバト
サラバト

親子上場と呼ばれたりもするけど2社とも上場しているからね!NTTドコモはこれが今後廃止になる予定だよ!

男性のあなた
男性のあなた

そういえば、ドコモとKDDIと三社目ってことだね!

最初に数字がいっぱい出てきます!
決算書っておいしいの?超初心者吹き出し/checkboxだけ読みましょう!
決算書は初めてという初心者文章だけ読みましょう!
中級者以上財務諸表も併せてチェックしてください!
そして、中級者(と思っている)の私にアドバイスもお願いします!

スポンサーリンク

ソフトバンク

ソフトバンクグループを先日取り上げました。ご存じの方も多いと思いますが、ソフトバンク自体は孫正義さんが一代で築きあげた一大企業で、現在は携帯キャリアとしてソフトバンクグループの子会社として事業を行っています。その前身はボーダフォンであり、それを買収し今の形になっていますが、ヤフー買収からヤフージャパン設立も相まって、独自のサービスを展開してきた背景もあります。

ソフトバンクグループとソフトバンクは別物 ということは覚えておいていいでしょう。

なんとなく、ほかの2キャリアと比べてきつそうなイメージがあるのは一代で築いたベンチャーのイメージがあるからでしょう。

損益計算書

営業収益合計は2兆4,284億円であり、売上総利益は1兆2,438億円、営業利益は5,896億円です。

売上高総利益率は51.22%営業利益率は24.28%です。他2キャリアが減収、増益となっているのに比較して、増収増益になっているのも特徴の一つでしょう。

しかし、営業利益率はほぼ変わらない水準です。適正な効率で運営したらこの効率に落ち着くということでしょうね。

四半期純利益は3,923億円です。金融費用が他2社に比べて高いです。これが比較的新しい参入企業であることを表している唯一に近い特徴のように感じます。

サラバト
サラバト

三大キャリアでソフトバンクが唯一の増収増益!(売上も利益も上がっている)

貸借対照表

貸借対照表を見ると、総資産10兆4,908億円です。負債8兆6,479億円自己資本1兆8,428億円です。有形固定資産1兆980億円と他2社に比較すると低いです。無形資産1兆6,871億円と一番大きいです。現金同等物営業債権約1兆7000億円です。

自己資本比率21.31%です。一代で大きくしている企業としては健全ですが、ドコモとは正反対の比率とも言えますね。流動比率81%です。短期の安全性を見ても3社の中では低いといえそうです。この規模となるとすぐにどうというものはないですが、きれいにここは分かれますね。

サラバト
サラバト

借金が最も多いのもソフトバンク。

一億の家を買うのにドコモは7000、KDDIは5000万、ソフトバンクは2000万の自分のお金を持っているというイメージ!

けれど家の大きさはソフトバンクが一番大きい!

キャッシュフロー計算書

営業キャッシュフロー7,858億円投資キャッシュフロー△4,261億円財務キャッシュフロー2,436億円です。借入を引き続き行っていく経営姿勢がうかがえますが、健全なキャッシュフローと思われます。

サラバト
サラバト

借入が大きくても尚のこと、投資を行っている。しかし、本業の稼ぎと借入で現金資金は増やしている。

セグメント営業利益

セグメントは以下に分かれています。

  • コンシューマ事業
  • 法人事業
  • 流通事業
  • ヤフー事業

コンシューマと法人に分かれているのは、KDDIと近いですが、流通とヤフーに分かれているのも一つの特徴ですね。

コンシューマ事業1兆2,962億円で、法人事業3,319億円です。ヤフー事業5,459億円も売り上げを上げていることも大きいです。ちなみに「ワイモバイル」は説明を見る限り、コンシューマ事業になりそうです。

サラバト
サラバト

三社の中で最も多角化されているのが、ソフトバンク。ZホールディングスのZOZOTOWN買収は記憶に新しい方も多いのでは?

説明会資料

次回は説明会資料を解説します。

※この記事はソフトバンクのIR情報を基にまとめております。

IR・投資家情報 | 企業・IR | ソフトバンク
ソフトバンク株式会社の企業・IRページです。「IR・投資家情報」をご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました